JCDN

Japan Contemporary Dance Network

NPO法人 ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク

NEWS

ダンス最新情報

Choreographers 2022 静岡公演/ケダゴロ「ビコーズカズコーズ」 2023年3月2日公演!(静岡市清水文化会館 マリナート・小ホール)

JCDN公演

2022.12.27

ーKCA2020京都賞受賞作家・下島礼紗率いるケダゴロが、2021年に発表した傑作をリ・クリエーション。「choreographers 2022」静岡にて「完全版」を上演!

コンテンポラリーダンス新進振付家育成事業2022
「Choreographers 2022」 静岡公演
ケダゴロ「ビコーズカズコーズ」Because Kazcause
2023年3月2日(木)20:00開演(プレトーク19:00~19:45)

会場:静岡市清水文化会館 マリナート・小ホール
(〒424-0823 静岡県静岡市清水区島崎町214)
◎公演前プレトーク:
「社会とコンテンポラリーダンス作品の関係!?」
石井達朗(舞踊評論家)×吉田純子(朝日新聞社 編集委員)

料金:前売3,000円、U25(25歳以下)1,000円 ※当日は500円増、U25は要証明書提示
チケット取扱:https://choreographers.jcdn.org/reservepost
※3/3に、下島礼紗によるワークショップあり!

Ⓒbozzo

「地球には、重力があるらしいんよ」
フクダカズコ…。

1982年、愛媛県松山市で元同僚ホステスを殺害。
犯行後、5459日間及ぶ整形逃亡劇を繰り広げ、1997年の公訴時効成立21日前に逮捕された女。
決して実録ではない。

これは一人の人間を考察して辿り着いた独我論的肉体感覚。

―下島礼紗によるカンパニー「ケダゴロ」は2013年に設立。処女作から、20代の女性らしからぬモチーフで強烈なメッセージを放つ作品を発表。KYOTO CHOREOGRAPHY AWARD(KCA)2020京都賞受賞作品「sky」は、オウム事件(1988-)、連合赤軍事件(1971-)など、下島自身が生まれるよりずっと前に起きた日本の事件から集団による狂気を描いた作品で、ダンスが単に美しさや踊りの技術を魅せるだけの芸術ではなく、観客に対し社会問題を問いかける芸術でありメディアでもあることを、鮮やかに思い出させてくれた。

「Choreographers」は、KCAの受賞振付家の作品を日本各地の劇場で紹介する、JCDNの公演&トークのシリーズです。静岡公演では、「sky」に代わって2021年に下北沢で初演された「ビコーズカズコーズ」リ・クリエーション版を紹介します。

「ビコーズカズコーズ」初演時の空間に合わせて創作された本作を、他のプロセニアム型の劇場で上演するにあたり、大掛かりなセットを組んで再演。秋田、東京、静岡の3都市ツアーの最終地になります。

また、「Choreographers」公演では公演前にプレトークを行います。
ダンス作品ってどんな風に見たらいいのか?、コンテンポラリーダンスにおける振付家の役割とは??、ダンスと社会のかかわりって?? などを、メディアの達人・吉田さんとダンス評論の達人・石井さんに楽しく解き明かしていただきます。
コンテンポラリーダンスに初めて触れる方も、ぜひトークと合わせてご覧ください!

3/3には、下島による振付家・ダンサーのためのワークショップもあります!


チケット予約・プログラム詳細
https://choreographers.jcdn.org/program/choreographers2022_shizuoka