JCDN

Japan Contemporary Dance Network

NPO法人 ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク

NEWS

ダンス最新情報

日本版・コミュニティダンス・ファシリテーター養成スクール2021  第6期生二次募集中!〔入門・応用〕9/26〆切

JCDNニュース

2021.09.04

日本版・コミュニティダンス・ファシリテーター養成スクール2021 
〜これからの社会を、ダンスとともに〜  第6期生募集!<二次募集中>
二次募集〆切 〔入門・応用〕9/26 〔リサーチラボ〕準備中

コミュニティダンスは、ダンス経験の有無・年齢・性別・障がいに関わらず、「誰もがダンスを創り、踊ることができる」という考えのもと、プロのダンスアーティストが関わり、“ダンスの力(「想像力」「創造力」「コミュニケーション力」など)”を地域社会の中で活かしていく活動です。近年、日本でも教育・福祉・医療・まちづくりなど社会のさまざまな場で、“ダンスの力”を活かそうとする動きが広がりつつあります。また同時に、それらの現場で活動するアーティスト=コミュニティダンス・ファシリテーターが必要とされています。
このスクールは、コミュニティダンス・ファシリテーターを国内で養成することを目的に、2014年にコミュニティダンスの先進国・イギリスから講師を招いて、年1回開校してきました。しかし、コロナ禍でイギリスからの招聘が困難になり、2年間実施を見送っていました。
2021年度の実施にあたり、日本人講師とプログラム内容について検討を重ね、城崎国際アートセンターの協力を得て、プログラム内容を日本版にリニューアルして、開校する運びとなりました。このスクールを通して、社会とダンスのつなぎ手となるファシリテーターとともに、今後の日本のコミュニティダンスにおける新たな可能性を切り開いていきたいと思います。ぜひ、ご参加ください。

【開催日】 2021年10月29日(金)~11月1日(月)
【会場】 城崎国際アートセンター(KIAC)
【講師】 新井英夫、北村成美、マニシア、アオキ裕キ、稲田奈緒美、隅地茉歩
【コース定員】 〔入門〕10名 〔応用〕10名 〔リサーチ・ラボ〕5名

 

詳細はスクールのサイトにて https://cdfs.hatenablog.com/

※<0910 up date> 二次募集を始めました!

 

★こんな方々からのご参加をお待ちしています!
ダンスに興味や経験がない方にも、ダンスの楽しさや面白さを広めたい方
自身の経験をダンスを通して社会に活かしたい方
テクニックの上達を目的としないワークショップの方法を知りたい方
一般の方を対象とした自身のワークショップに、新たな視点や手法を取り入れたい方
日本のコミュニティダンスに関する知見を広めたい方

2018スクール



★2021日本版・スクールは・・・
日本版は、これまでの基礎コースを入門コースに変更し、講師を新井英夫氏と北村成美氏が担当します。対象を基礎コースより幅広く設定し、実践家に関わらずコミュニティダンスに関心を寄せる方に参加していただきやすくなりました。
応用コースは、名称はそのままに、講師をマニシア氏とアオキ祐キ氏が担当、ゲストにNPO法人ダンスボックスから田中幸恵氏を招きます。ファシリテーターをプロフェショナルな生業としていきたい方を対象に、基礎コース受講の有無を問わず参加いただけます。
他に、新設コースとして、リサーチ・ラボコースを設けました。
リサーチ・ラボコースは、コミュニティダンスの研究とリサーチに重きをおいたコースです。舞踊評論家の稲田奈緒美氏が担当します。
各コース内で行われるセッションの他に、全コース生が参加するグループセッションでは、英国で活動するダイアナ・アマンズ氏、セシリア・マクファーレン氏によるオンライン・セミナー、障害福祉の場におけるコミュニティダンスの展開を考える公開勉強会を行います。この勉強会は、オンラインでどなたでもご視聴いただけます。
※当初予定しておりました実践コースは、助成金(AFF)が不採択となりましたため、大変残念ですが中止と致しました。ご了承ください。