JCDN

Japan Contemporary Dance Network

NPO法人 ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク

JCDN PROJECT

プロジェクト

DANCExMUSICxMOVIE!

過去のプロジェクト

photo:大橋翔

♦「ダンスと音楽」の新たな関係性を発明する試みとして”振付家”と”音楽家”が同じ地点に立ちオリジナル作品をつくる<DANCE×MUSIC!>―JCDN作品創造シリーズーとして2004年に開始。以来、4シリーズ、全7作品を制作してきました。

http://www.jcdn.org/DM/ (vol.1-vol.4)

■2005年 vol.1 

『O[JAZ]Z 』砂連尾理+寺田みさこ<振付家>×桜井圭介<作曲家>

『インダスヒュー』北村成美<振付家>×巻上公一<超歌唱家>
■2006年 vol.2
『キキ マニマニ ミ ミミ 』ほうほう堂<振付・ダンス>xにかスープ&さやソース<作曲・演奏[ヴォイス・ギター他]>
『スピー』森下真樹<振付・ダンス>xTHIS=MISA×SAIKOU <作曲・演奏[ピアノ・バイオリン]>
■2007年 vol.3
『Love vibration』鈴木ユキオ[金魚]<振付・ダンス>x辺見康孝<作曲・演奏[ヴァイオリン]>
『手のひらからマウンテン』yummydance<振付・ダンス>xトウヤマタケオ楽団<作曲・演奏>

■2007年 vol.3

 『ムシンガイ』星三っつ(三浦宏之+星加昌紀)<振付家>xHaco<作曲家>

♦2008年度は、ダンス舞台作品として制作された“THEATER version”と、映像的演出を加え全シーンの撮影段階からリメイクしたダンス映像作品“VIDEO DANCE version”との2枚組として、DVD製作発売を刊行!舞台作品では味わえない映像的なおもしろさをプラスしたことで、親しみやすい“ダンスムービー”の誕生となりました。このシリーズの継続は、ダンス舞台芸術作品、ダンス・メディアアートの側面を押し広げてきました。詳細はこちら

♦2010年度は、<DANCE×MUSIC×MOVIE!>として振付家、音楽家にプラスして、新たに映像作家が加わることで、舞台作品では実現できなかった映像的解釈の視点を持ち、ダンス作品の新しい展開が生まれることを期待するものです。

http://www.jcdn.org/~dmm5/ (vol.5)

「アジール」三味線・唄::西松布咏 × 振付・ダンス:寺田みさこ ×作・演出・映像・照明・音響・デザイン:飯名尚人

  2017年「アジール」再演 主催:飯名尚人Dance and Media Japanhttp://www.dance-media.com/asyl/index.html

photo:大橋翔 2011年東京公演